初心者でも大丈夫!5分で理解できるCSS

CSSは体のファッションスタイル

CSSはスタイルシートと呼ばれ、コンテンツに対してスタイルを決めるための命令書になります。ホームページその物を表示させるファイルはHTMLファイルと呼ばれ、基本的にコンテツその物はHTMLファイル内に記述する事になります。体を作り上げるには、頭や腕、足などがありますが、それがコンテツその物になります。人によってその大きさや形に違いがあります。ホームページも同じくCSSは、その頭や腕などの大きさを細かく指定する命令書とも言えます。 一般的に、人の頭や腕は肌の色が決まっていますが、CSSを利用すれば好きな画像や色をコンテツの背景色として利用する事もできます。HTMLファイル内でもテーブルタグと呼ばれるHTML言語を利用すればコンテツの骨組みを組合立てる事が可能ですが、CSSやHTML言語を開発している業界ではCSSで表現する事を推奨されているため多くのホームページでは、CSSで表現されています。

CSSの命令書はHTMLファイル内に場所を指定する

CSSの命令書のファイルは、一般的なパソコンに標準で付いていますメモ帳などで作成する事ができます。ただし、保存する場合の拡張子は必ず小文字のcssとして保存する必要性があります。HTMLファイル内には、CSSのファイルの場所の指定を行ない、このHTMLファイルは指定をしたCSSに基いて適応させないさいと言う命令文をヘッダと呼ばれる領域に記載する事が重要です。 CSSのファイルの指定は、一つではなければならないとは限らず、複数のCSSファイルに対して指定する事が出来ます。ただし、同じコンテツに対して命令文が別々のファイルにある場合は、最後に指定をした命令書に従ってスタイルがかかってしまうため注意が必要です。一つのCSSファイル内でも同じ事が言える物であり、同じコンテツに対して命令が二つある場合は最後の命令文の内容が適応されます。CSSを勉強する場合は、文章の大きさや色の基本的な指定から学ぶ事もありますが、ボックスの作成さえ押さえておけばホームページらしい表現が可能なため、ボックスから学ぶ事もポイントの一つです。