そもそもCSSって何?

ホームページのCSS

皆さんはホームページ製作に使われているプログラミング言語と聞いてなに思い浮かべますか。大抵の場合HTMLを思い浮かべてその次にCSSを思い浮かべるのではないでしょうか。ワンセットで紹介されるこの二つですが、どうして二つで1つみたいな紹介のされ方が多いのでしょうか。実はHTMLとCSSで受け持っている役割がことなるのです。 具体的には文字関係やリンクなどの単純な処理だけを行うときはHTMLだけでも十分なのですが、画像やアニメーションといった複雑な処理になってくるとHTMLだけでは処理しきれなくなります。そんなときに登場したのがCSSです。CSSはHTMLでは扱うことが難しい画像やアニメーションといった処理を行うことに適していてHTMLの代わりにこれらを処理しています。この二つがあるからこそ現在のホームページは作られているんですね。

CSSがないホームページ

もしもCSSを用いずにホームページを作成したら一体どのようなものが出来上がるのでしょうか。結論から言いますと非常に味気ないホームページが出来上がります。 CSSはウェブページのレイアウトや色、音などの装飾を処理してくれます。それがないわけですから、残るのは文字関係の処理のみです。つまりはクリックしたときの反応や音などの処理ができなくなってしまいます。それだけなら比較的良いほうなのですが、一番の問題はレイアウトの処理ができないことです。厳密にはレイアウトは可能なのですが非常に手間がかかる上に、仮にかっこよくレイアウトができたとしても異なるブラウザで開いたらレイアウトが崩れていたなんてことも起こりえます。いまどきのホームページで、文字のみでレイアウトが簡素なホームページをみたら味気ないと思われても仕方がないでしょう。